便秘解消に役立つコーヒーの飲み方をご紹介します

コーヒーにはカフェインが含まれています。目覚めに一杯のコーヒーを飲めば、頭がスッキリしますよね。良い香りに包まれるのは、忙しい朝の至福の時間です。コーヒーが、便秘解消にも役立つことは、もうご存知でしょうか?

コーヒーが便秘解消に役立つ理由とは

カフェインを取ると胃液がたくさん分泌されますので、消化を早めることができるため、便秘解消に効果があります。また、カフェインには呼吸や運動の機能を高める効果もありますので、基礎代謝が上がり、引いては血行も良くなるという理由でも、便秘の解消につがなります。
快調なお通じが、実はコーヒーのおかげだと気がついていなかった人も、いるかもしれませんね。

>>通販で買えるおすすめコーヒー豆はこちらから

コーヒーの便秘解消効果を高める工夫

コーヒー単独でも便秘解消の効果はありますが、たまには違った味を楽しみながら、効果を高めてみるのはどうでしょうか。

コーヒーの飲み方には、さまざまなバリエーションがあります。
いくつかご紹介しましょう。

コーヒーにミルク、ではなく豆乳を入れます。豆乳にはオリゴ糖が含まれていますので、腸内の良い細菌を増やすことができます。そのことで、消化が良くなり便秘に効くのです。同じ理由で、ハチミツを入れるのもおすすめです。

あるいは、ココアを入れてカフェモカ風にするのも、良いですね。ココアに入っている食物繊維とポリフェノールの、ダブルの効果で胃腸の働きが良くなります。コーヒーにもクロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれていますから、ますます効果が期待できますね。

少し刺激が欲しい人は、冷たい炭酸を入れるという飲み方もあります。その場合は、コーヒーのなかでもエスプレッソが適しています。炭酸は腸のぜん動運動を促進するので、便秘に効果があります。見た目もおしゃれな飲み物になりますので、夏に試してみてはいかがでしょうか。

最後に、手間はかかりますが、コーヒー寒天を入れたグラスにアイスコーヒーを注いでみるのはどうでしょうか。寒天は食物繊維の代表格といっても良い食物です。便秘に効果があるのは一目瞭然ですね。食感も良さそうです。ゼリーも体に良いのですが、便秘には寒天の方が効果がありますので、間違えないようにしてください。

このように、少しの工夫をすれば、味の変化を楽しむことができるだけでなく、便秘解消の相乗効果も期待できます。お好きな飲み方をぜひお試しください。

コーヒーを使った便秘解消に挑戦するときの注意点

朝、一杯の冷たいお水を飲むと便秘解消に効くということを、聞いたことがあると思います。冷たいお水が、眠っていた腸を目覚めさせることにより、腸がぜん動運動を始めるのが理由です。

アイスコーヒーでも、カフェインによる便秘解消効果に加えて、冷たさで腸が刺激されますから、一定の効果はきたいできます。しかし、一方で利尿作用が働き、体から水分が多めに排出されてしまい、便が固くなって、せっかくのコーヒーによる効果が打ち消されてしまうことがありますので、注意が必要です。

そのほか、便秘解消に役立つ理由でもあるのですが、胃液分泌を促進するということは、消化性の胃潰瘍を発症させる原因になる場合がありますので、胃腸の弱い人や、普段は丈夫でも、前日の食べ過ぎやお酒の飲み過ぎで、胃が荒れてしまっている人は気をつける必要があります。

また、コーヒーに含まれるタンニンにより、鉄分の吸収が邪魔されてしまうと、貧血を引き起こしてしまいますので、コーヒーを飲み過ぎないようにしましょう。

まとめ

上手に工夫して、バリエーション豊かなコーヒーの飲み方を楽しみながら、便秘解消できると嬉しいですよね。

しかし、おいしいからといって、必要以上にコーヒーを摂取すると、眠れなくなったりしますし、アイスコーヒーの場合は、お腹を壊してしまうかもしれません。

適度な量を飲むように心がけましょう。人によって取り過ぎになる分量は違いますが、1杯から3杯ですと、おおむね大丈夫でしょう。

朝に飲むコーヒーはカフェインありとなしどっちがいい?メリットデメリットを解説!

毎朝欠かさずコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか?

このモーニングコーヒー、カフェインありカフェインなしでは、どちらが適しているのでしょうか。

ここでは、カフェイン入り、カフェインなしのそれぞれのメリットデメリットを解説していきます。

“カフェインあり”のコーヒーのメリット・デメリット

コーヒーだけでなく、緑茶などにも含まれているのがカフェインです。さて、このカフェインにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

まず、メリットとして挙げられるのが「覚醒作用がある」ということです。つまり、眠気覚ましに最適な作用があると言えます。

カフェインは交感神経を刺激させ、体を興奮させることによって覚醒させてくれるのです。カフェインが効果を発揮するためには30分ほどかかると言われていますので、朝にコーヒーを飲むと眠気覚ましにはぴったりと言えます。

では、カフェインを摂取するデメリットとは何でしょうか。

まず、過剰に摂取すると胃痛になる可能性があります。なぜなら、カフェインは胃酸を過剰分泌するようになるからです。そこで、寝起きの空腹時にコーヒーを飲むのではなく、朝食後に飲むようにすると胃痛を防ぐことができます。

また、カフェインには利尿作用があるので、とりすぎてしまうと水分不足になり、脱水症状を引き起こしてしまいます。もちろん、トイレに行く回数が増えて仕事に集中できないということにもなります。

カフェインレスコーヒーのメリット・デメリット

コーヒーは好きだけどカフェインは取りたくないという人におすすめなのがカフェインレスコーヒーです。海外ではすでに多くの愛飲者がいます。

では、カフェインレスコーヒーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

まず、メリットとしてはカフェインによって起こる作用がないということです。例えば、カフェインは胃痛を引き起こす可能性がありますが、カフェインレスコーヒーであればそのような副作用はありません。

コーヒーを飲んだ後に胃もたれを感じるという人の場合にはカフェインレスコーヒーなら安心して飲むことができます。

また、カフェインには覚醒作用があるため、夜にコーヒーを飲みたくても飲めないという人でもカフェインレスなら大丈夫です。睡眠の質を良いものにしてくれます。

一方でデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

カフェインが入っているコーヒーと比べて若干風味が落ちるということがあります。香りを十分に楽しみたいという人であればちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれません。また、カフェインにはダイエット効果やがん予防効果が期待されていますが、カフェインレスならそうした効果を期待することができないというのもデメリットと言えます。

こんな人は“カフェインあり”がおすすめ

まず、おすすめするのが朝の目覚めをすっきりさせたいという人です。先ほども記したようにカフェインには覚醒作用がありますので、朝食後のコーヒーというのはまさにぴったりと言えます。

例えば、朝に重要な会議があるとか、午前中に大きな商談があるというようなときこそ、朝食後にコーヒーを飲むと脳が覚醒してすっきりとした状態で仕事を行うことができます。

また、カフェインにはアンチエイジング効果があると言われています。そこで、朝にコーヒーを飲む習慣をつけておくなら美容にも役立つのです。女性にとってもカフェインを適度に摂取することは大きなメリットと言えます。

こんな人は“カフェインなし”がおすすめ

カフェインは授乳中、妊娠の女性の胎児に悪影響を与えてしまいます。そこで、一般的に妊娠中の女性はカフェインを摂取しないように勧められています。もしどうしてもコーヒーを飲みたい場合にはカフェインなしのコーヒーを飲むようにしましょう。

また、カフェインには利尿作用があり、トイレに行く頻度が高くなります。そこで、トイレに行くのが不便な状況(例えば、長時間の会議、トイレのない乗り物で移動するとき)などはカフェインなしのコーヒーを飲むほうが無難です。

まとめ

このようにカフェインは適度に摂取するならば、体に良い影響を与えます。つまり、何事も適量とタイミングが重要です。カフェインありのコーヒーの効果を考えると朝食後に飲むと一番効果的と言えます。