朝に飲むコーヒーはカフェインありとなしどっちがいい?メリットデメリットを解説!

毎朝欠かさずコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか?

このモーニングコーヒー、カフェインありカフェインなしでは、どちらが適しているのでしょうか。

ここでは、カフェイン入り、カフェインなしのそれぞれのメリットデメリットを解説していきます。

“カフェインあり”のコーヒーのメリット・デメリット

コーヒーだけでなく、緑茶などにも含まれているのがカフェインです。さて、このカフェインにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

まず、メリットとして挙げられるのが「覚醒作用がある」ということです。つまり、眠気覚ましに最適な作用があると言えます。

カフェインは交感神経を刺激させ、体を興奮させることによって覚醒させてくれるのです。カフェインが効果を発揮するためには30分ほどかかると言われていますので、朝にコーヒーを飲むと眠気覚ましにはぴったりと言えます。

では、カフェインを摂取するデメリットとは何でしょうか。

まず、過剰に摂取すると胃痛になる可能性があります。なぜなら、カフェインは胃酸を過剰分泌するようになるからです。そこで、寝起きの空腹時にコーヒーを飲むのではなく、朝食後に飲むようにすると胃痛を防ぐことができます。

また、カフェインには利尿作用があるので、とりすぎてしまうと水分不足になり、脱水症状を引き起こしてしまいます。もちろん、トイレに行く回数が増えて仕事に集中できないということにもなります。

カフェインレスコーヒーのメリット・デメリット

コーヒーは好きだけどカフェインは取りたくないという人におすすめなのがカフェインレスコーヒーです。海外ではすでに多くの愛飲者がいます。

では、カフェインレスコーヒーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

まず、メリットとしてはカフェインによって起こる作用がないということです。例えば、カフェインは胃痛を引き起こす可能性がありますが、カフェインレスコーヒーであればそのような副作用はありません。

コーヒーを飲んだ後に胃もたれを感じるという人の場合にはカフェインレスコーヒーなら安心して飲むことができます。

また、カフェインには覚醒作用があるため、夜にコーヒーを飲みたくても飲めないという人でもカフェインレスなら大丈夫です。睡眠の質を良いものにしてくれます。

一方でデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

カフェインが入っているコーヒーと比べて若干風味が落ちるということがあります。香りを十分に楽しみたいという人であればちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれません。また、カフェインにはダイエット効果やがん予防効果が期待されていますが、カフェインレスならそうした効果を期待することができないというのもデメリットと言えます。

こんな人は“カフェインあり”がおすすめ

まず、おすすめするのが朝の目覚めをすっきりさせたいという人です。先ほども記したようにカフェインには覚醒作用がありますので、朝食後のコーヒーというのはまさにぴったりと言えます。

例えば、朝に重要な会議があるとか、午前中に大きな商談があるというようなときこそ、朝食後にコーヒーを飲むと脳が覚醒してすっきりとした状態で仕事を行うことができます。

また、カフェインにはアンチエイジング効果があると言われています。そこで、朝にコーヒーを飲む習慣をつけておくなら美容にも役立つのです。女性にとってもカフェインを適度に摂取することは大きなメリットと言えます。

こんな人は“カフェインなし”がおすすめ

カフェインは授乳中、妊娠の女性の胎児に悪影響を与えてしまいます。そこで、一般的に妊娠中の女性はカフェインを摂取しないように勧められています。もしどうしてもコーヒーを飲みたい場合にはカフェインなしのコーヒーを飲むようにしましょう。

また、カフェインには利尿作用があり、トイレに行く頻度が高くなります。そこで、トイレに行くのが不便な状況(例えば、長時間の会議、トイレのない乗り物で移動するとき)などはカフェインなしのコーヒーを飲むほうが無難です。

まとめ

このようにカフェインは適度に摂取するならば、体に良い影響を与えます。つまり、何事も適量とタイミングが重要です。カフェインありのコーヒーの効果を考えると朝食後に飲むと一番効果的と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です