便秘解消に役立つコーヒーの飲み方をご紹介します

コーヒーにはカフェインが含まれています。目覚めに一杯のコーヒーを飲めば、頭がスッキリしますよね。良い香りに包まれるのは、忙しい朝の至福の時間です。コーヒーが、便秘解消にも役立つことは、もうご存知でしょうか?

コーヒーが便秘解消に役立つ理由とは

カフェインを取ると胃液がたくさん分泌されますので、消化を早めることができるため、便秘解消に効果があります。また、カフェインには呼吸や運動の機能を高める効果もありますので、基礎代謝が上がり、引いては血行も良くなるという理由でも、便秘の解消につがなります。
快調なお通じが、実はコーヒーのおかげだと気がついていなかった人も、いるかもしれませんね。

>>通販で買えるおすすめコーヒー豆はこちらから

コーヒーの便秘解消効果を高める工夫

コーヒー単独でも便秘解消の効果はありますが、たまには違った味を楽しみながら、効果を高めてみるのはどうでしょうか。

コーヒーの飲み方には、さまざまなバリエーションがあります。
いくつかご紹介しましょう。

コーヒーにミルク、ではなく豆乳を入れます。豆乳にはオリゴ糖が含まれていますので、腸内の良い細菌を増やすことができます。そのことで、消化が良くなり便秘に効くのです。同じ理由で、ハチミツを入れるのもおすすめです。

あるいは、ココアを入れてカフェモカ風にするのも、良いですね。ココアに入っている食物繊維とポリフェノールの、ダブルの効果で胃腸の働きが良くなります。コーヒーにもクロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれていますから、ますます効果が期待できますね。

少し刺激が欲しい人は、冷たい炭酸を入れるという飲み方もあります。その場合は、コーヒーのなかでもエスプレッソが適しています。炭酸は腸のぜん動運動を促進するので、便秘に効果があります。見た目もおしゃれな飲み物になりますので、夏に試してみてはいかがでしょうか。

最後に、手間はかかりますが、コーヒー寒天を入れたグラスにアイスコーヒーを注いでみるのはどうでしょうか。寒天は食物繊維の代表格といっても良い食物です。便秘に効果があるのは一目瞭然ですね。食感も良さそうです。ゼリーも体に良いのですが、便秘には寒天の方が効果がありますので、間違えないようにしてください。

このように、少しの工夫をすれば、味の変化を楽しむことができるだけでなく、便秘解消の相乗効果も期待できます。お好きな飲み方をぜひお試しください。

コーヒーを使った便秘解消に挑戦するときの注意点

朝、一杯の冷たいお水を飲むと便秘解消に効くということを、聞いたことがあると思います。冷たいお水が、眠っていた腸を目覚めさせることにより、腸がぜん動運動を始めるのが理由です。

アイスコーヒーでも、カフェインによる便秘解消効果に加えて、冷たさで腸が刺激されますから、一定の効果はきたいできます。しかし、一方で利尿作用が働き、体から水分が多めに排出されてしまい、便が固くなって、せっかくのコーヒーによる効果が打ち消されてしまうことがありますので、注意が必要です。

そのほか、便秘解消に役立つ理由でもあるのですが、胃液分泌を促進するということは、消化性の胃潰瘍を発症させる原因になる場合がありますので、胃腸の弱い人や、普段は丈夫でも、前日の食べ過ぎやお酒の飲み過ぎで、胃が荒れてしまっている人は気をつける必要があります。

また、コーヒーに含まれるタンニンにより、鉄分の吸収が邪魔されてしまうと、貧血を引き起こしてしまいますので、コーヒーを飲み過ぎないようにしましょう。

まとめ

上手に工夫して、バリエーション豊かなコーヒーの飲み方を楽しみながら、便秘解消できると嬉しいですよね。

しかし、おいしいからといって、必要以上にコーヒーを摂取すると、眠れなくなったりしますし、アイスコーヒーの場合は、お腹を壊してしまうかもしれません。

適度な量を飲むように心がけましょう。人によって取り過ぎになる分量は違いますが、1杯から3杯ですと、おおむね大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です